緩衝液に添加する変性剤の役割【DNAも変性させる変性剤】(2)

この記事は約3分で読めます。

緩衝液に添加する変性剤の役割【DNAも変性させる変性剤】(2)

 

ホルムアミド

「ホルムアミドを加えて,加熱して,急冷する.」…何でこんなことするの?

本記事は,このような「なぜ?どうして?」にお答えします.

 

こんにちは!

博士号を取得後,派遣社員として基礎研究に従事しているフールです.

前回に引き続き,緩衝液に加える「変性剤」をまとめています.

本記事で紹介する変性剤は,タンパク質だけでなく,DNAも変性させることもできます.

 

サマリー・尿素やホルムアミドは,DNAやタンパク質を変性させます.

尿素の役割

水素結合を切断することで,二本鎖DNAタンパク質を変性させます.

DNAシークエンス(サンガー法)では,一本鎖DNAの状態を維持するために使用することがあります.

また,ELISA系の洗浄で使用するバッファーに,尿素を添加した洗浄液を用いることがあります.

タンパク変性剤による洗浄処理は,抗原への結合力が弱い抗体(低アビディティーな抗体)を反応系から取り除くことを可能にします

これにより,サンプル中に含まれる抗体の親和性を測定することができます.

ホルムアミドの役割

水素結合を切断することで,二本鎖DNAを変性させます.

DNAシークエンス(サンガー法)では,一本鎖DNAの状態を維持するために使用することが多いです.

変性剤を加えた後,さらに95 ℃で加熱することにより,長鎖の二本鎖DNA(および複雑な高次構造で安定化したDNAやRNA)も効果的に変性させます.

ゆっくり冷ますと,相補的な1本鎖どうしが再び結合してしまいます.

一本鎖DNAの状態を維持するためには,氷上で急冷することも忘れずに.

スポンサーリンク

もっと勉強したい方へ

・HEDMAN, Klaus, et al. Maturation of immunoglobulin G avidity after rubella vaccination studied by an enzyme linked immunosorbent assay (avidity‐ELISA) and by haemolysis typing. Journal of medical virology, 1989, 27.4: 293-298.

・AGUADO-MARTINEZ, A., et al. Use of avidity enzyme-linked immunosorbent assay and avidity Western blot to discriminate between acute and chronic Neospora caninum infection in cattle. Journal of veterinary diagnostic investigation, 2005, 17.5: 442-450.

 

以上,緩衝液に加える「変性剤」のまとめでした.

最後までお付き合いいただきありがとうございました.

次回もよろしくお願いいたします.

2020年1月6日 フール