メスシリンダーの洗い方【ブラシは使っちゃダメ!】

この記事は約4分で読めます。

メスシリンダーの洗い方【ブラシは使っちゃダメ!】

 

メスシリンダーの洗い方

メスシリンダーを洗うときに,ブラシを使ったら怒られた…

なんで?

本記事は,このような「なぜ?どうして?」にお答えします.

 

こんにちは.

博士号を取得後,派遣社員として基礎研究に従事しているフールです.

先ずは,以下のやりとりをご覧ください!

 

試薬の準備は,これで完了です.

次のステップに進む前に,実験台を片付けましょうか.

 

試薬の使用量を記録してくるので,器具の洗浄をしておいてください.

 

はーい!

(5分後)

洗浄は終わりまし...えっーー!?

 

うわっ!

どうしましたか?

 

ブラシはダメ

どうしてメスシリンダーをブラシで洗ってるの?

 

だって,先生が洗っておいてって...

 

私が問題としているのは「洗い方」です.

 

ブラシを使ったらダメ

ブラシを使ったらダメなんですね.

ガラス器具の洗浄方法は,器具の種類によって様々です.

ただ,器具によっては,ブラシで擦ってはいけない物もあります.

なぜなら,ブラシでゴシゴシ擦ると,微細な傷がついてしまうからです.

本記事では,その代表例である「メス〇〇」系の器具の洗い方についてまとめました.

 

サマリー・容量を測る器具を洗浄するときは,ブラシを使ってはいけません.

メスシリンダーの洗い方【ブラシは使っちゃダメ!】

メスシリンダーメスフラスコなどの「メス〇〇」系の器具は,容量を正確に測る器具です.

ビーカーやメディウム瓶と異なり,容量を測る「メス〇〇」系の器具を洗浄するときはブラシを使ってはいけません

それでは,何故,ブラシを使ってはダメなのでしょうか?

「メス〇〇」系の器具【細かい傷は命とり】

ブラシを用いてゴシゴシ擦ると,目には見えない微細ながつきます.

傷は,その部分に新たな空間を作ります.

そこに液体が入り込むので,容積が変わってしまいます

メスシリンダーは,「ビーカーなどで試薬を溶解した後,濃度を正確に調整するためにメスアップする」という使い方をします.

ブラシによる洗浄で容積が変わった器具を使用したら,どうなるでしょうか?

傷の分だけ溶媒の量は増えていますので,その試薬の濃度は意図した濃度に調整されていません

その試薬が,定量分析に使用する標準溶液だったらどうなるでしょうか?

測定で得られた数値は,標準溶液の値を基に計算されています.

標準溶液の濃度がズレていたら,測定で得られた数値もズレていますよね!

大問題ですね!

だから,「メス〇〇」系の器具の洗浄では,ブラシを使ってはいけません

試薬を溶解するときに,スターラーバーを使うことがありますね.スターラーバーによる撹拌も器具内部の傷をつける要因です.メス〇〇系の器具は,試薬の溶解で使用するべきではありません.

スポンサーリンク

「メス〇〇」系の器具の正しい洗浄方法

繰り返しますが,「メス〇〇」系の器具の洗浄では,ブラシを使ってはいけません

では,どのように洗うのが正しいのでしょうか?

大きく分けて2つの方法があります.

① 洗剤を入れて,しばらく放置しておく.
② 撹拌して洗浄する.

①洗剤を入れて,しばらく放置

最も簡単な方法は,器具を水道水に浸して洗剤を加え,しばらく放置しておくことです.

調整した試薬にもよりますが,1-2時間くらい放置すればで十分でしょう.

洗い場のスペースに余裕があるのであれば,一晩(夕方から翌朝まで)放置しておいても良いでしょう.

翌日,朝一で器具のすすぎをすることを忘れずに!

メリット

・簡単です.

・小柄な人でも,大きな器具を洗浄できます.

デメリット

・洗い場のスペースが狭くなるため,洗い物が多い実験系では作業の邪魔になりがちです.

・洗浄完了まで時間がかかるので,次にその器具を使いたい人がすぐには使えません.

②撹拌して洗浄

器具のトップ部分にラップまたはパラフィルムを被せ,それを手で押さえながら器具を転倒混和する方法です.

メリット

・洗浄時間を短縮できます.

・洗い場のスペースを確保できます.

デメリット

・大きな器具の場合,小柄な人では難しいです.

・落下等による器具の破損リスクが高まります.

 

以上,「メス〇〇」系の器具の洗い方でした.

大事なことなので,もう一度だけ言いますね!

メスシリンダーの洗浄は,ブラシは使っちゃダメ!

最後までお付き合いいただきありがとうございました.

次回もよろしくお願いいたします.

2020年1月25日 フール