RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用【実験にはお金がかかる】③

この記事は約6分で読めます。

RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用を計算してみた

こんにちは.

博士号を取得後,派遣社員として基礎研究に従事しているフールです.

久しぶりに【実験にはお金がかかる】シリーズを書きます.

私には,自分だけの研究施設を持つという夢があります.

ラボヘッドまたは企業のプロジェクトリーダーになるという意味ではありません!

趣味で研究を展開できる,純粋に好奇心を追求できる,そんな「自分だけの研究施設」が作りたいのです!

漠然とお金がたくさん必要ってのは分かるんですが,具体的にいくらぐらい必要なのでしょうか?

やはり実現するためには,具体的な数値目標が必要ですよね.

本シリーズでは「自分だけの研究施設」を創る第1歩として,日々の実験業務にかかる費用を考えています!

本記事では,RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用を計算*してみました

あなたは,RNA抽出からqPCRをするまでに,どのくらいお金が必要だと思いますか?

*ココで使用している数値は,定価・希望小売価格・オープン価格・参考小売価格のどれかです.私の職場が実際に支払っている価格ではありません.

 

サマリー・約1,400円が,RNA抽出1回のお値段です.
・約1,020円が,cDNA合成1回にかかる費用です.
・約2,120円が,1回のqPCR(絶対定量)にかかる費用です.

RNA抽出からqPCRまでのプロトコール

私が行っているRNA抽出からqPCRまでのプロトコールは,以下通りです.

  • RNA抽出キットの説明書に従ってRNAを抽出する
  • RNA濃度を測定する
  • cDNA合成キットの説明書に従ってcDNA合成を行う
  • qPCRキットの説明書に従ってqPCR(絶対定量)を行う
  • 機器付属ソフトウェアで解析を行う

ほとんどがキットなので,説明書に従って操作するだけです(笑).

ロボットでも出来ますね(笑).

スポンサーリンク

RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用

上記プロトコールで,私が使用する材料とその費用*は以下の通りです.

先ずはRNA抽出のお値段からです↓

材料など販売価格(¥)1回あたりの費用(¥)
RNA抽出キット38,500770
99.5%エタノール2,260316.4
Nuclease free water6293
DTT33,4000.25
チップ・ピペット類28,20077.48
合計102,4221,257
合計(税込)112,664.201,382.84

RNA抽出1回分のお値段は,約1,400円ということが分かりました!

続いてcDNA合成に掛かる費用です↓

材料など販売価格(¥)1回あたりの費用(¥)
cDNA合成キット41,600832
Nuclease free water620.00434
チップ・ピペット類15,70065.4
チューブ類26,40026.4
合計83,762924
合計(税込)92,138.201,016.18

cDNA合成1回分の費用は,約1,020円でした!

最後にqPCR(絶対定量)1回分のお値段です↓

材料など販売価格(¥)1回あたりの費用(¥)
qPCRキット36,80036.8
Nuclease free water620.01550
サンプル希釈液12,000445.5
小計48,862482.3
チップ・ピペット類15,700294.3
チューブ類26,40026.4
プレート類766001123
小計118,7001,444
合計167,5621,926
合計(税込)184,318.202,118.62

qPCRの1回分のお値段は,約2,200円ということが分かりました!

以上より,RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用は,約4,600円くらいだと推測できます.

なかなかのお値段ですね(笑).

しかもこれは1サンプル分です.

サンプル数は増えれば増えるほど,その分だけの費用が増えるってことですね…

*濃度測定に掛かる費用(機器代・チップ代など)やプライマー代は含んでいません.

RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用【1か月分】

次にRNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用を1か月あたりに換算します.

現在の私の場合,1か月で4回くらい行っていますので,その条件で考えることにします.

また,サンプル数はバラバラですが,1回10サンプルとして考えます.

単純計算で,(1,382.84 + 1,016.18 + 2,118.62)× 10* × 3 ≒ 135,600円

*プレートの分など1回分で足りる分は除くべきですが,今回は除いてません(笑).

1か月間で15万円近くもかかっていることになりますね!

金額を知ると,ケアレスミスによる失敗(プライマーを入れ忘れたとか)はできなくなりますね…

考慮すべきその他の費用

RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用を計算してきました.

ただ,材料だけそろえても実験はできません.

実験装置を整える必要があります.

今回の計算には,ピペッター・遠心機・測定装置・パソコンなどの機器類の費用を考慮していません

これらは,1回分という計算ができないので除外しました.

1度そろえれば長期使用可能なので,初期費用という計算になるのでしょうか?

先日,これに関する興味深い投稿を見つけました.

ラボのセットアップに3000万円以上もかかったそうです.

ヤバいですね(笑).

投稿にあるように,科研費などの支援が無ければ何もできないと思います.

そして私は,個人でそれを実行しようとしているのだから,さらにヤバいです(笑).

奨学金返済もまだ終わってないのに…

RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用【まとめ】

実験にかかる費用として,RNA抽出からqPCRをするまでにかかる費用を計算してみました.

いかがでしたでしょうか?

1か月間で15万円近くもかかっていることに私は驚きを隠せません.

Ready to use製品を惜しみなく使っているという背景もあるので,節約しようと思えば,もっと安くできると思いますが…

「お金で解決できるなら,それで解決する」というのが企業ですが,その環境にいると金銭感覚は麻痺しますね(笑).

スポンサーリンク

最後までお付き合いいただきありがとうございました.

次回もよろしくお願いいたします.

2020年9月12日 フール