実験で使う統計学

実験で使う統計学

エラーバーの種類と使い分け【SD/SE/95% CI】

標準偏差,標準誤差,95%信頼区間,これらは全部「エラーバー」です.どのエラーバーを使うかによって,グラフが示す意味は変わるりますよ.本記事では,エラーバーの種類と使い分けをまとめました.
実験で使う統計学

実験に必要なサンプル数の考え方【n=3とは?】

実験に必要なサンプル数の"n=3"を説明できますか?1つのサンプルを3つに分けることを"n=3"と勘違いしている人は多いですね.本記事は,統計解析に必要なサンプル数の考え方をまとめています.
実験で使う統計学

基準値 vs. 正常値【 “Normal” の意訳】

「基準値」という用語を聞いたことがありますか?「正常値」や「異常値」はどうでしょうか?実は「正常値」とか「異常値」という用語は最近は使用しません.この記事では「基準値」についてまとめました.
リクエスト企画

感度と特異度の解釈の仕方【陽性・陰性の受け止め方】

感度と特異度の解釈の仕方についてまとめました.
実験で使う統計学

無料統計ソフトEZRの使い方【インストールから解析まで】

記事では無料統計ソフトEZRの使い方をまとめました.ソフトのインストールからデータ解析までを写真を交えながら説明しています.
実験で使う統計学

p値と有意水準の規定【p値の強調の意味】

p値と有意水準の記述は多様で,"p<0.05","p<0.01","p<0.001","p<0.0001" などを見かけます.この違いは何でしょうか?p値の小ささを強調することは意味があるのでしょうか?